脱毛に関する意識や行動の違いはどこに理由があるのか

お化粧と同じように、ムダ毛処理も身嗜みと考える傾向が強いみたいです。とはいえ全く対処しない人も少なくありません。そうした違いはどこにあるのでしょうか。この辺は欧米とは違った日本人独特の脱毛に対する意識があるようです。

日本人はムダ毛が薄い

日本人女性の約7割はムダ毛を気にしており、実際に6割がエステやクリニックへ通った経験があるようです。とはいえリタイヤする人も少なくありません。これはどういうことでしょうか。病気の治療を止める人はいないはずです。ならば違う原因がありそうです。
風邪ぐらいでは病院に行かないのと同様に、ムダ毛処理を諦める人の多くは、実際には気にならない、または自分で処理できる範囲のようです。一般的に日本人の体毛は、欧米人に比べて薄いと考えられています。遺伝学的にもアジア系は目立たないようです。

日本人は文化的にムダ毛を気にする

ムダ毛に関しては文化的な面も影響しています。つまり日本人は他人の目を異常なほど気にします。特に女性の嗜みというイメージが強いようです。そのため仕方なく、化粧や脱毛をしている人が少なくありません。
ちなみに欧米では、ワキ毛を放置している女性も多いですね。そもそもワキ毛の存在意義は、フェロモンをまき散らすことにあるとか。情熱的な欧米人には必須でも、奥ゆかしい和女子には使いこなせないツールなのかもしれません。とはいえ昨今増えている肉食女子なら、どちらを選ぶでしょうか。

高性能脱毛マシンが手軽に購入できる

ワイルドな女性であればムダ毛を放置してもよいのでしょう。またほとんど気にならないくらい薄い人も少なくないようです。とはいえエステやクリニックに通わない本当の理由は何があるのでしょうか。
自宅で手軽にできる脱毛器の普及もありそうです。
脱毛サロンに通わずとも家庭用脱毛器でセルフ脱毛できちゃうのはとても便利ですね!痛みの少ない高性能マシンが通販で安価に購入できます。自分の手が届く範囲であれば、それで済む女性が多いのも事実です。しかし背中や太腿の裏は大丈夫ですか。温泉やプールで見られていますよ。

他人のムダ毛を見て考えましょう

日本には独特の社会や文化があります。それが日本人の脱毛に対する意識を培っているようです。多様化の時代なので自分が気にならないなら無理することはありません。しかし他人のムダ毛を見ることで自分のことも考えてみたいですね。